医師の求人・給与相場事情

転職をした医師が生き生きしていると知ることができました

私がその医師のことで、良かったと思ったことの一つに、別の病院に転職をしたと言うことでした。それはその医師と一緒に働いている時に、いつも辛そうな姿を見ていたからです。その医師から、毎日同じことの繰り返しで、こんな生活でいいのだろうかと、嘆いている言葉をよく聞くことがあったのです。そしてその後に、とうとうその医師が、転職をしたということを知りました。その時、私の気持ちとして仲良くしていた医師がいなくなったことで、少し寂しいと思いましたが、その医師の幸せを考えた時、良かったと正直におもうことができたのです。その後、そのように思ったことが、しみじみと実感することとなりました。それは、その医師が転職をした先で、働いている姿をみた時です。堂々としていて、以前の医師の感じとは全く違っていました。しかも、顔色も良くなっているとおもうことができたのです。その時、その医師が転職をして、そこでやりがいを感じてはたらくことができていると、確信をすることができました。その姿は、一人の人間として楽しそうにはたらくことができているので、以前に病院内で悩んでいる時に、すっぱりと転職を決断をしたことは、本当に良かったと思ったことでした。

医師相手の製薬会社MRが転職するケース

製薬会社に勤務し、医師に自社医薬品の処方や採用を勧める営業の仕事をMRと言いますが、今現在日本には約6万人います。国内資本大手の武田薬品や大塚ホールディングを筆頭に、製薬会社の数は国内国外資本を合わせると約2000社にも及び、ほとんどの企業にMRが存在しますが、実はこのMRが現在勤務している会社から、より良い条件を求めて転職するケースが後を絶ちません。国内資本の中小メーカーから国内または外資系の大手メーカーに転職したり、外資系から国内メーカーに転職するケースが多いのですが、中小メーカーから転職する場合は、より高い給与や将来性を考慮するケースが多く、外資系から国内メーカーに転職する理由は、外資系はどうしても営業成績に給与や待遇が左右されるため、安定性を求めることが多いようです。前に勤務していた会社と勤務地や扱う医薬品の領域が同じであれば(例えば抗がん剤を扱うとして)、必然的に営業を行うターゲットの医師も同じであることが多く、即戦力を求められる転職組のMRにとって自分の実力を見せつけやすい環境でもあります。中途MRを採用した企業にも転職MRにとってもWINーWINの関係が築かれることが多いため、このようなケースの転職は非常に活発に行われています。